売上から逆算してビジネスを作る【ダウンロード版】
(businessjissenjyuku_vol121.mp4)

売上をきちんと作り、将来安泰なビジネスをどうやって作るのか。

その仕組み化のポイントを解説します。
その売上、狙って作れていますか?

次のような相談が毎日のように届きます。

「どうやって売上を上げたらいいんでしょう?」
「もっとお客さんに来てもらいたい」
「メディアに出たいです」
「本を出したらうまく行くと思います」

でも、この質問って意味がないですよね?

もともと正しいことをやっていて、それが仕組みで回っているなら
その「仕組み」の改善点を見つければいいわけです。

その改善点が「メディア露出」なら当然成果が出ます。

でも、穴の空いたバケツで水をすくっても意味がないのと同じように
流れが悪いビジネスで集客しても、売れないのです。


「集客」「メディア露出」が根本的な解決策にならないのに
そこに全力を傾ける・・・これってとっても怖いですよね?

今回のセミナーのゴールは、「ビジネスをシステム化する」ということです。


起業当初の私の失敗

起業時の私は、ただなんとなく上手く回っていました。

たまたま始めたメルマガがうまく行き、
その後、講演や出版の話が途切れることなく続きました。

でもそうなる直前まで、昼間は先輩の会社でアルバイト、
夜は自分の商品の発送をしていました。

毎日3~4万円が売り上がっていましたが、これが未来永劫続くとは思えません。

ビジネスとは、継続性があり、
それがパッケージ化されているべきです。

いわゆる「仕組み」です。

行き当たりばったり(でうまくいく)
売上が少なくなったら→じゃあ、何かやろう!
暇になったら営業しよう!→ダメ
畑を耕すように、種をしっかりまいて、次のネタを仕込んでおくべき

これらの問題に気付けたからこそ、今があります。

今では、ビジネスが仕組み化されているので
何をしたらどのくらいの売上になるのかが分かります。

そのお陰で、事務所の経費も予定通り払えています。
売上を作るスタートは?

売上を作ろうと思ったら、その内訳を考えるべきです。
そしてそれが実行可能な計画を作るべきです。

たとえば、

=======================
コンサルティング10件×10万=100万
教材販売5000円×20=10万
その他=3万円

月商113万円
=======================

この様なイメージです。

今回の動画教材では、その思考法について解説しています。


◎主な収録内容
・ビジネスの流れの作り方
・フロントエンド商品の役割
・バックエンド商品の役割
・売上からやるべきことを逆算する思考法
・そのビジネスの利益は適正か?
・価格決定のヒント
・10年続くビジネスの作り方
・そのビジネスは複製可能か?
¥ 7,800

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(352559233 バイト)

通報する

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

Search商品検索

カテゴリー


ご利用ガイド


リンク