【40】出版戦略講座~出版をしてビジネスにつなげる方法~【ダウンロード版】
(businessjissenjyuku_vol40.zip)

自費出版ではなく商業出版をする方法。
出版社に提案する方法、会議に通る企画書の書き方、執筆、販売まで、出版ノウハウを解説。

死ぬまでに一冊は書いてみたい。
と言う言葉も聞きますが、そのような場合はお断りしています。

あくまでも出版はビジネスです。
しかし、次の4者が幸せになれない、ゆがんだ出版なら成功しないと思います。
•読者
•編集者
•出版社
•そしてあなた自身
私がお話しする出版ノウハウは、あくまでも私の経験。

そして、周りのたくさんの著者を見て感じた成功パターンをお話しします。

本を効率的に書き、 しかもそこそこ売れるように根回しをして、 しっかり自分のビジネスにつなげる方法を伝授します。

やはりビジネスを加速させた最大のポイントは出版でした。

私は、起業をして半年後に出版をしました。
その後、8年間毎年コンスタントに1冊以上を出版し、現在著作は16冊です。

そのうち2冊は海外で翻訳出版されています。

今までインターネット、ブランド構築、メディア対策などいろいろと話してきましたが、 やはり起業家・経営者がビジネスを加速

させる最大のポイントは出版でしょう。

「そろそろ出版を!」と考えている人も多いかもしれません。
そんなあなたに、そのイロハをお伝えするのが今回の目的です。

ちなみに、出版は無理ではありません。
あきらめないでください。

今まで私はコンサルティングや合宿を何度も開いていますが、そこで「本を出したい」と思っていた人は、2~3年の後に半数以上が出版を現実のものにしています。

成功した要因は、正しい情報収集をして、きちんとやるべき事をやった。
ただそれだけです。

だからあなたも自信を持ってください。
1%の確率を40%、50%に上げることはそう難しくありません。

出版をすると次のような効果が期待できます。
•ブランド力を手に入れられる
•顧客の名簿が手に入る
•お客さまがあなたを発見してやってくる
•料金交渉をしなくても大丈夫になる
•ビジネスを仕組み化できる
•講演の依頼が増える
•メディア露出の機会が増える
•著者のネットワークに加わることが出来る
•第一人者として認められる
•お客さまから「売ってください!」と言われるようになる
•付き合いたい仲間がどんどん集まってくる
•口コミがどんどん広がる
•次の出版ができる

「そんなの自分には無理だ!」
と難しく考える必要はありません。出版をしてブランド構築をするのは実にシンプルなのです。

私は、出版のコンサルタントではありません。
しかし、コンサルティングの一環で、有名著者やコンサルタントのプロデュース、ブランディングも手がけています。

今回は2時間半のセミナーの中で出版をする方法だけでなく、出版をした後にどうやって仕事につなげていくのか。
平野がどのように行っているのか。
アドバイスをしているのか、そのテクニックや秘策を余すところなくお伝えします。
今は出版をしていない方も、すでに本を書いている方にも、ご納得いただけるような情報をご提供します。


●収録している内容
•平野友朗が16冊の著作を生み出せたのはなぜか?
•出版テーマを見つける方法とは?
•相性の良い編集者と出会う方法とは?
•会議で通る企画書の書き方とは?
•実際に会議を通過した企画書を公開!
•タイトルは決め方とは?
•Amazonを活用したキャンペーンの成功事例
•書店で1位をとるコツとは?
•出版契約書とはどのようなものか?
•損をしない出版契約書の結び方とは?
•出版社と上手に交渉するコツとは?
•出版社が手伝ってくれる範囲とは?
•ライターさんにお願いしたほうがいいケースとは?
•文章が上手なライターさんの見つけ方とは?
•ライターさんと上手なつきあい方とは?
•売れる表紙、売れない表紙の違いとは?
•表紙デザインができたときに必ず見るポイントとは?
•出版のネタの見つけ方とは?
•あなたにしか書けないネタに気づく方法とは?
•簡単に本の企画書を作るコツとは?
•本の挟みこみチラシの反応は何%か?
•出版を考える前にまずすべきこととは?
•出版の話をもらった時に注意すべきこととは?
•売れっ子著者がやっている本の書き方とは?
•増刷のかかる本と普通の本の違いとは?
•2冊目、3冊目と出版の話が舞い込むコツとは?
•出版詐欺にあわないために知っておくべきこととは?
•ブランドと出版の関係とは?
•出版者との交渉の事例
•お金をかけずに出来る本の売り方とは?
•あなたに合う出版社の選び方とは?
•出版社に断られずにコンタクトを取る方法とは?
•複数の出版社とコンタクトを取る際の注意点とは?


●商品内容
.zipファイル
(.mp3ファイル1: 69分、.mp3ファイル2:64分)
発売月:2010年10月
価格:7,800円

※本ページの情報は、発売当時のものです。


収録内容の出版戦略講座 (2010年9月9日開催)にて、いただいた感想 (特にご活用したい・詳しく聞きたい点と思った点、メッセージ) を一部、ご紹介します。


「企画書の具体的な書き方や、本をかくときの具体的な作業手順など、実際に使えるノウハウが満載でとても勉強になりました。帰りましたら早速、企画書を書き直そうと思います。
お話の内容もさることながら、お話をされる声のトーンやお話の仕方もとても勉強になります。これからもいろいろご指導いただければと思いますので、よろしくお願いします。(社会保険労務士 毎熊典子様)」

「出版について具体的にどういうステップを踏めばいいのか、理解できた。来年中には出したいと思うし、一歩目を踏み出せると思う。
メルマガを5年くらい見させていただき、書籍やコンテンツも購入させていただいてましたが、今回初めてセミナーに参加させていただき、とても充実した時間を過ごすことができました。ありがとうございます。(会社代表 小林篤史様)」

「info topを主とし、電子書籍を販売し、多くのセミナーを行っています。そこでより、自分自身のブランディングを固めるために書籍に興味がありました。セミナーを受講したことにより、具体的なイメージがわきました。本当にありがとうございます。(株式会社Sand San Creative 代表取締役 荒砂陽介様)」

「ハードルが高いと思われていた出版というものがとても身近でかつ現実的なものと認識する事ができました。
ネットビジネスを始めて以来、セミナーを開催するのは年に数回してきましたが、受けるのは実は初めてでした。セミナーの内容はもちろん、運営・構成も含めてとても勉強になりました!さすがプロです!(インフォプレナー 須田大介様)」

「平野先生の実体験をもとにセミナーがすすんでいるので、全くの初心者の私にも、イメージがわき、ゴールが見えてきました。1つ1つの出版事例の話がとても興味深かったです。5頁の出版の流れの話は、非常に参考になりました。セミナーの始めに、「質問:なぜ、なんのために出版をしたいのか?」を聞いてくださり、ありがとうございます。しどろもどろの私の返答に、「思いがある人は出版するでしょうネ」という優しいコメントに感動です。必ず出版します。塾にも入塾します。どうぞよろしくお願いします。(医師 本間良子様)」

「具体的なスケジュールが示されていてわかりやすかったです。
今まで伝えたいことばかりあり、書いて、何がしたいのかわからないで居りました。今回はようやく目的が明確になりましたので、御協力をお願い致します。(医師 陣内賢様)」

「企画書の作り方から販促まで分かりやすくまとめられていたので、実践できそうです。
本日は有難うございました。執筆頑張ります。(エステ経営 向井邦雄様)」

「出版までの実務(企画から出版・営業まで)がよく理解できました。(PRプランナー(広報コンサルタント) 河西仁様)」

「前半部 出版に関する必要情報をわかりやすく説明して頂きありがとうございます。内容も、有益なものばかりでしたが、平野様のやさしい人柄が、話全体の雰囲気をよくされていて、聞いていて楽しい気持ちになりました。後半部 書く情報に関する細かな情報まで丁寧な説明があり、分かりやすかったと思います。最後まで充実した内容でした。ありがとうございます。(事業家 加ヶ井隆様)」

「大変参考になりました。ありがとうございました。(ファイナンシャルプランナー 姜忠道様)」

「ばくぜんと「出版する為には・・・」と思っていたことが整理されました。まだまだスタート地点の手前にいますが、企画書を書くことで、より考えをまとめていければと思います。士業が出版を考える時、どのジャンルを選択するかも大きな分かれ目のようにも重い、そのあたり少しご意見を聞いてみたかったです。(社会保険労務士 鈴木早苗様)」

「体験に基づいた有益な話を、効率よくまとまって聞けた。
ありがとうございました。お人柄がよく伝わってきました。( 鶴田雅史様)」

「全く分からない状態だったので、何から始めれば良いかわかりました。実践塾に入会したばかりですが、早速ブランディングがテーマでしたので週末しっかり学びます。今後は色々参加させて頂き、きちんとビジネスとして形にしていこうと思っております。よろしくお願い致します。(セラピスト・講師 関口歩様)」

「フロー。執筆の仕方がよく理解できた。(社労士 佐藤広一様)」

「実際に出版されている方のお話は具体的なので非常にイメージが持ちやすかったです。
電子的なコミュニケーションがビジネスでもプライベートでも一般的になる中で、新しい課題に対し提言をされている平野さんの姿勢に共感しています。(会社経営)」

「色々な出版方法がある中、(自費出版や協力出版など)正しいアプローチで出版を目指すのが正しいと言うことがわかりました。個人的には、コンテンツの章立て、構成方法についてもっとくわしく知りたかったです。良いセミナーでした!(Webサイト制作)」

「小見出しの書き方とか具体的な内容でわかりやすかった。(M.F様)」

「出版の実際の数値データが、イメージをつくりやすくてとても助かりました。出版準備とは、自分のコンテンツのマーケティングなんですね。こういう視点がなかったので、とても参考になりました。自分のHPやコラムetcの実績を積みながら、企画書を作っていきます。
いつもながら内容が充実していて、大変ありがたく存じます。(私の実践が追いついてません)小冊子を本の目次のイメージで作って、ダウンロードできるようにしています。マーケティングを1つづつ、小冊子をブラッシュアップしていこうと思います。(Y.N様)」

「出版するということに対する現実的な実態がある程度判ったような気がします。出版するために行うべきこと&少しずつ実践していければと思います!!(T.T様)」

「本の返品率・出版のスケジューリングの重要性・編集者の方とのコミュニケーションなど、経験者でないとわからない情報や対応を学べました。
出版に関する全般にわたって細々とポイントを上げてくださったので、わかりやすかったです。内容が充実していて、大変勉強になりました。講義型形式だと優良な情報と知識をまとめて、一気に得る事ができるので、大変ありがたいです。(M.F様)」
¥ 7,800

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※こちらの商品はダウンロード販売です。(114558849 バイト)

通報する

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

Search商品検索

カテゴリー


ご利用ガイド


リンク